プー子日記 大ばあば日記 家族日記

プー子、病院に行く。

今日は曇りでした。

 

朝、いつも通りに過ごしていると、突然プー子が、

「ガーガー、ハアハア。」

と言い始めました。

たまにこういう症状は出るんですが、いつもすぐ治まるので放っていたんですが、今日はなかなか治まりません。

治まってはまた出たりして、それが30分位続いたのでさすがに心配になり、病院に電話しました。

「少し待たないかも知れないですが、来てください。」

と言われ、すぐ用意して病院に向かいました。

抱っこしてるとブルブル震えてます。

病院に行くのがわかるのかな。

歩いて12~3分なんですが、途中から発作のようなのが治まってきました。

病院に着いた頃には、すっかり出なくなりました。

受付で、

「病院に来る途中から、出なくなったんです。」

受付の女性 「今落ち着いてるだけかも知れないですから、一応診察受けておいた方がいいですね。

私 「そうですね。」

受付の女性 「いつもは外で待っていただくんですが、今日は空いてますし具合も悪そうなので、中でお待ち下さい。」

私 「わかりました。すみません。」

今はコロナで、待合室もそんなに広くないため、予約していないと呼ばれるまで外で待たないといけないんです。

今日は寒いし、外で待つの嫌だなあと思って行ったんですが、運よくその時は待合室に誰もいなくて、そんなに待たなくても診てもらえました。

私 「今日突然に、ガーガー、ゼーゼー、ハアハアと言い始めたんです。」

先生 「前に撮ったレントゲンでは、気管虚脱でもなさそうですけど、念のたレントゲン撮ってみますか。」

私 「気管虚脱?」

先生 「簡単に言うと、気管がペチャンコになって、息がしにくくなるんです。」

私 「そうなんですか。一応レントゲン撮ってもらえますか。」

先生 「わかりました。」

聴診器あてようとするとプー子前回と同じように、また先生を噛もうとした。

そして、診察台の上でおしっことう〇ちもしてしまった。

私 「すみません。」

先生 「大丈夫ですよ。」

「あとから拭いておきますので、待合室で待っていただけますか。」

私 「はい。わかりました。」

 

しばらくしてもう一度呼ばれて、診察室へ。

先生 「今、レントゲン撮ってみましたが、気管も心臓も、肺もどこも悪いところはなかったです。」

「こんど又、症状が出ましたら、動画を撮っておいていただけますか。」

私 「わかりました。」

 

取りあえず、良かったです。

 

終わって、診療費6,380円を払ってると、また

「ガーガー。」と言い始めました。

受付の人が先生を呼んでくださいました。

先生が症状を診て、

「あー、これは逆くしゃみですね。しゃっくりのようなものです。」

「口を開かないで言ってるのは、大丈夫です。」

「口を開けて苦しそうにしてると、すぐ来てもらわないといけないですけどね。」

私 「心配しなくて大丈夫なんですね。」

先生 「はい、大丈夫です。」

丁度病院に居るときに、症状が出てくれてよかった。

 

行きはずっと抱っこしてきたけど、帰りは大丈夫だとわかると、歩いて帰ってもらいました。笑

まだ少しガーガー言ってますが元気そうなので、ホッとしました。

スタスタと歩いてます。

プー子、何もなくて良かったね。

 

帰ったら1時でした。

お昼に食べようとさつま芋焼いてたの、途中で置いて行ったもんだから、もう一度焼きました。

おいしそうに焼けました。

 

大ばあば、プー子が病院に行った事覚えてました。

今日もベッドメイキングしてくれてました。

 

 

 

 

 

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記, 家族日記
-, ,

© 2022 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5