プー子日記 大ばあば日記 家族日記

すごい!歩けたやん。

今日は大ばあばと私の診察日。

4時20分にタクシー予約入れてる。

大ばあばクリニックに行くのいやなもんだから、

「今日は、もう行かんとくわ。」

と毎回言う。

私 「大ばあば行かへんかったら、薬出して貰われへんねんで。」

大ばあば 「もう治ってるから、薬いらんて。」

私 「薬飲んでるから、元気でいられるんやで。」

大ばあば、黙って着替え始める。笑

大ばあば 「プー子、おとなしくしときや。すぐ帰ってくるからね。」

プー子、かしこいから、又どこか行くんやとわかっているみたい

で、タクシー来ても、居間から玄関に出てこない。

大ばあば 「プー子、行ってくるで。」

そして今度は私に

「鍵かけた?」

私 「かけた。」

タクシーに乗る。

大ばあば 「鍵かけた?」

私 「かけたよ。」

しばらくして又

大ばあば 「鍵かけたか?」

私 「かけたって。」

タクシーの運転手さん聞いてるやろから、いつもよりトーン落として、やさしく言う。

この問答がクリニックに着くまで続く。笑

 

病院に着いて、

大ばあば 「空いてるな。」

私 「皆予約してはるから、その時間にならないと来はれへんねん。」

大ばあば 「人少ないな。はよ帰れるな。」

プー子が気になるのか、待つのがいやなのか、いつも早く帰りたがる。

私が先に診察室に入って、又中性脂肪が高いから、薬ちゃんと飲むように言われ、

終わって出てくると、大ばあばいない。

採血してもらってたようだ。

私の次に大ばあばの診察なのに、あとから来た人が先に名前呼ばれて

なかなか大ばあばの名前が呼ばれない。

大ばあば早く帰りたいのに、自分の名前呼ばれないもんだから、

私に

「まだか聞いてみて。」

私 「もうちょっと待っとき。もうすぐ呼ばれるって。」

って言ったものの、一向に呼ばれない。

さすがに私も遅いなと思い、丁度看護師さん出てこられたので、

「まだでしょうか。」

って聞いてみたら、

「採血した結果がもう少しで出ますので、申し訳ないですが、もうちょっと

お待ちください。」

と言う事だった。

まあそれなら仕方ないと思い待って、大ばあば貧血の注射もしてもらい、

1時間位で終わった。

 

帰りタクシー乗り場に行ったら、前に2人待ってた。

私 「大ばあば、歩いて帰る?」

と半分冗談で言ったら、大ばあば

「歩いて帰ろか。」

私、あわてて

「途中で歩かれへんようになったらあかんから、やっぱりタクシーで帰ろ。」

大ばあば 「大丈夫や、歩ける。」

と自信満々に言うので、久しぶりに歩いて帰ることにした。

夕方で涼しくなって来て、歩くのには丁度いい気候だ。

ゆっくりゆっくり歩いて、途中何度も休憩しながら、がんばって歩いている。

後、家まで200メートルぐらいのところで、さすがに大分疲れてきて、

「はあ、はあ。」

言うようになってきた。

私 「大ばあばすごいな。」

「91歳でこんなに歩けるって。私が91歳になった時、こんなに歩かれへんと思うわ。」

大ばあば少しうれしそう。

「もうちょっとで、家に着くで。頑張れ、頑張れ。」

もう2歳時位の子に応援してる感じ。

普段はほとんど外にでないし、あまり歩かないのに、

よく家まで歩いて帰って来れたなと、感心しきり。

25分位かかったけど、改めて大ばあばのすごさを実感。

 

帰ったらプー子大喜び!

急いでプー子散歩に連れて行く。

もう6時回ってるやん。

プー子いつもおしっこも、う〇ちも外でしないのに今日に限ってう〇ちして、

どうしたん。

2年ぶり位かな。笑

もう暗くなって急いで帰ってます。

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記, 家族日記
-, ,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5