プー子日記 大ばあば日記 家族日記

理学療法士さんに嚥下の運動を教わりました。

今日は変わりやすいお天気でした。

 

大ばあば、今日は10時過ぎ起床です。

何もない日は、ベッドの中でゆっくりしてます。

 

2時半からリハビリです。

いつもは月曜日にあるんですが、理学療法士さんの都合で今日になりました。

緊急事態宣言も終わり、理学療法士さんもやっと防護服から解放され、着なくてもよくなったそうです。

私 「着なくてもよくなって、良かったですね。」

理学療法士さん 「はい、緊急事態宣言が終わったので、以前の状態に戻りました。」

「〇〇〇さん、ワクチン接種して大丈夫でしたか。」

大ばあば 「はい、大丈夫ですよ。」

私 「今日、10時頃まで横になってました。なんとなくだるい感じがあるんじゃないでしょうか。」

理学療法士さん 「そうですね。多少はあるでしょうね。」

私 「咳が時々出るんです。」

理学療法士さん 「今日は、口の運動もしようと思ってます。」

「〇〇〇さん、あーって言えますか。」

大ばあば 「あー。」

理学療法士さん 「い、う、え、お」

大ばあば 「いー、うー、えー、おー。」

理学療法士さん 「ぱ、言えますか。」

大ばあば 「ぱ。」

理学療法士さん 「た。」

大ばあば 「ぱ。」

耳も多少悪くなってるから、聞き取りにくそう。

理学療法士さん 「た、ち、つ、て、と、のたです。」

大ばあば 「たー。」

理学療法士さん 「か。」

大ばあば 「た? ぱ?」

聞いてる私もこんがらがって来た。笑

理学療法士さん 「か、き、く、け、こ、のかです。」

大ばあば 「かー。」

理学療法士さん 「ら、は言えますか。」

大ばあば 「ぱー、」

もうめちゃくちゃ。笑

理学療法士さん 「ぱ、た、か、ら、が口の運動になっていいので、家でも練習してみて下さいね。」

理学療法士さん 「次は舌を右のほっぺにつけられますか。」

大ばあば、理学療法士さんの言ってることが全然理解出来てない。

口をすぼめてる。

大ばあば 「むずかしい、わかりません。」

理学療法士さんも熱心に教えて下さってるけど、全然出来ない。

二人を見てると、にらめっこしてるようで、相手を笑わせようとしてる顔に見えて、見てるこっちが笑えてくる。

こういう口の動きをすることによって、飲み込む力も少しは備わってくるとのこと。

飲み込む力が弱くなると、誤って食道ではなく、気道に入って、誤嚥性肺炎になったりする。

家でも練習することにしました。

練習しても、認知症だとなかなか覚えられないと思うけど、やらないよりはやった方がいいですものね。

 

帰られてから、外が曇ってきたので、プー子のお散歩に行くことにする。

今にも降り出しそうな空です。

雷が鳴り始めました。

 

途中から雨が降り始めて、プー子抱っこして帰って来る。

このあと、大雨になりました。

プー子震えて、隅っこに隠れてました。笑

 

夕方、お天気持ち直したので、再度お散歩に行きました。

6時半頃のお散歩は、涼しくて最高です。

1歳のワンちゃん。

この少し前に会った時は、2匹とも挨拶はしたものの、お互い吠えて別れました。

でもお互い気になるようで、2回目会った時は少し仲良くなったみたいです。笑

 

 

 

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記, 家族日記
-, , , , ,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5