プー子日記 大ばあば日記

大ばあば、ほめ上手?

今日もいいお天気でした。

朝から大ばあばの肌布団洗う。

今日は看護師長さん来られるから、いつもより念入りに掃除。笑

明日メイ子ちゃんのお誕生日だから、小〇山荘に行って、おかきやお菓子いろいろ買う。

郵便局に出しに行ったりして、お昼も食べるの遅くなり、すぐ3時になる。

 

私 「今日、病院から看護師さん来はるで。」

直前に言わないと、気になって又そのことばっかり言うので、前もって言わないことにしている。

大ばあば急に片づけ始めた。

髪の毛も自分でといてる。

プー子も私たちがバタバタしているのを見て誰か来ると察して、玄関で待ってる。(かしこいわあ。笑)

ピンポーン。

プー子、ワンワンワンーン。

吠え続けてる。

看護師長さん 「プー子ちゃん。覚えてくれてるかな。」

私 「しっぽ振ってるから、喜んではいるみたいですけど。」

「プー子、静かにしなさい。」

大ばあばも出てきて「よろしくお願いします。」

看護師長さん 「こんにちは。よろしくお願いします。」

「では体温から測りましょか。」

大ばあば 「先生、暖かい手ですね。」

看護師長さん 「そうですか。今自転車で来て体が温まっているからですかね。」

と言って大ばあばの手をさすってくれている。

「36度6分ですね。」

「次脈拍測りますね。」

大ばあば 「手暖かいねえ。」

私と看護師長さん 「あはははは。」

同じことばかり言うから、笑うしかない。

看護師長さん 「脈拍、70ですね。」

「血圧 130。いつもこれくらいですか。」

私 「今まで低かったので、薬も半錠しか飲んでなかったんですけど、最近ちょっと寒くなってきて血圧も上がってきたみたいですね。」

看護師長さん 「夏は下がりますよね。寒くなると血管が収縮して上がりますね。」

「朝起きて、ちょっと動いた時が一番高くなりますね。」

「今度は胸の音聞かせてくださいね。」

大ばあば 「先生、綺麗な顔してはるね。」

看護師長さん 「お化粧もしてないのに、綺麗っていわれたの久しぶりだから、嬉しいです。有難うございます。」

「心臓も大丈夫ですね。」

大ばあば 「ほんと、綺麗な顔してるわ。」

私と看護師長さん 「あはははは。」

看護師長さん 「足の先見せてもらっていいですか。」

私 「爪が巻き爪で、少しずつ切っていって、だいぶましにはなってきたんですけど。」

大ばあば 「娘も良くしてくれます。」

看護師長さん 「いい娘さんですねえ。」

大ばあば、みんなに褒めまくり。笑

看護師長さん 「今度、先生来られた時に見てもらいましょか。水虫の場合がありますから。」

と言って又大ばあばのカサカサの足さすり始めた。

私 「水虫だったら移るので、さすらなくていいですよ。」

看護師長さん 「大丈夫ですよ。」

「お通じはありますか?」

大ばあば 「ありますよ。」

私 「トイレは自分で行っているので、毎日してるかはわからないですねえ。」

看護師長さん、大ばあばに 「毎日出てるんですね。」

大ばあば 「毎日は出てないかも。毎日のように出てます。」

どっちやのん。笑

看護師長さん 「では、今度は2週間後に来ますね。」

私、大ばあば 「有難うございました。」

 

今日のプー子は

看護師長さん帰られてから、プー子座布団をホリホリしてる。

今日も快晴。午後4時お月様が出てる

プー子、まぶしそう。

日が短くなってきたね。

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記
-, , , , ,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5