プー子日記 大ばあば日記 家族日記

診療所から入院を提案して頂きましたが、、、。

今日はお天気回復しました。

 

朝4時に目が覚めました。

寝てても大ばあばの事が気になってるんだと思います。

 

9時に診療所の師長さんから電話がありました。

「熱はまだありますか。」と聞かれたので測ってみたら、37度8分ありました。

なかなか熱が下がりません。

抗生剤を飲ませました。

お昼から水分を摂るために点滴をしてもらうことになりました。

 

大ばあば、目を覚ましてトイレと言うので、ベッドのそばのポータブルトイレを使おうと立たせようとしたけど、全然立つことが出来ない。

私が抱っこしてかかえて、やっと座らせることが出来ました。

もうすぐ近くのトイレさえ無理になってきました。

こんなにもすぐ歩けなくなるんや。

 

食欲はあります。

スムージー、アイソカルゼリー、桃ジュースと完食しました。

夕食もレトルトの介護食やヨーグルトを食べました。

 

3時に看護師さんが来てくださいました。

水分補給の点滴をしてくれ、抗生剤の点滴もした方がいいとなって、診療所まで暑いのに自転車で取りに行ってくれました。

点滴が終わるまでだいぶ時間がかかり、4時半頃に看護師さん帰られました。

PCR検査の結果は陰性でした。

 

アマゾンで頼んだ見守りカメラが届いたけど、大ばあばが動けなくなったので必要なくなった。

プー子用に使おうかな。

 

7時前にプー子の散歩に行きました。

この時間になるとさすがに暑くないです。

 

帰ると診療所から電話がありました。

「入院は考えてないですか。」と言う事でした。

私が疲れてるのもわかっておられるし、大ばあばも入院した方が安心ではないかと私達の事を思って電話してくださいました。

大ばあばは点滴したからか、表情はいいです。

元気がないなら心配だし入院した方がいいと思うけど、歩けないだけでよく話もするし元気そうです。

大ばあばも家に居たいに決まってます。

今、入院したら、今度こそ家に帰れないような気がして、それを思うと涙が出て来そうになります。

大ばあばが入院する度に、寝たきりのお婆さんを何人も見てきましたが、皆さん誰とも話も出来ずに、ただ寝てるだけで複雑な気持ちになったのを覚えています。

大ばあばには出来る限り、家で楽しく過ごさせてあげたい。

熱が下がらないようなら、入院も考えないといけないのかな。

入院するのもそう遠くではないかも知れないけど、それまで穏やかに楽しく過ごせるようだんごも頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記, 家族日記
-, , , , , ,

© 2022 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5