プー子日記 大ばあば日記

大ばあばを信じた私が、ばかだった。笑

今日は一日快晴でした。

 

朝からお天気良かったので、掃除や洗濯で忙しい。

冷蔵庫の中も綺麗に整理する。

 

2時半からケアマネージャーさん来られる。

何時もの如く、毎晩の玄関の開け閉めのことや、プー子に自分が食べてる物を何でもあげるので、それで喧嘩になること等を聞いてもらう。

大ばあばも今日は、私とケアマネージャーさんが話しているのを聞いてて、

「外になんか出てないで。」

と、言ってくる。

私 「すぐ忘れるから、外に出たことも覚えてないねんて。」

大ばあば 「行っても、一回か二回ぐらいやで。」

私 「何十回って行ってるんやで。」

大ばあば 「そうか。そんなに行ってないと思うけど。」

ケアマネージャーさんもデイサービスに行くことを勧めてくれるんだけど、大ばあばが行くの嫌がってるのがわかっているから、つい可哀想になってなかなか決められない。

今日も答えが出ないまま、終わる。笑

 

今まで涼しかったので、お昼過ぎにお散歩行ってたけど、今日は暑かったので夕食食べてから行くことにする。

夕食食べ終わると、6時半。

今から行くと、丁度時間的にいい。

洗い物をしてから行くと、7時になって暗くなってしまう。

それで大ばあばに、

私 「今から散歩に行ってくるけど、台所の洗い物そのまま置いといてよ。」

大ばあば 「わかった。はよ行っといで。」

私 「絶対、洗い物せんといてよ。」

大ばあば 「なんにもせんと、そのまま置いとくわ。」

私 「ほんとに置いといてよ。」

大ばあば 「わかった。せえへん。」

これだけ念押ししたら大丈夫やろと思い、散歩に行く。

 

日没前の時間は、涼しくて気持ちいい。

さあ、そろそろ帰ろか。

綺麗な夕焼けも見れて、ちょっと幸せな気分で帰る。

 

「うん?」

大ばあば、いつもの椅子に座ってない。

台所に行ってみる。

いた。

台所の床、水でビチョビチョ。

大ばあばの服も、ビショビショ。

私 「台所に行ったらあかんって、言ったやろ。」

「どこもビショビショやん。」

大ばあば 「なんでやろ。」

ビショビショになったことも、もう忘れてる。

プー子の足を拭き、私も濡れた靴下を脱ぎ、大ばあばの靴下も脱がせ、床も拭く。

洗い物も汚れが落ちてないから、もう一度洗いなおす。

大ばあばすぐ忘れるのわかってて、なんで信用したんやろ。

やっぱり、洗い物終わってから散歩に行かないと、えらい目にあうわ。

これから又夕方は、時間との闘いの日々になりそうやなあ。笑

 

 

 

 

 

 

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記
-, , ,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5