プー子日記

今度は、プー子が手術することになりました。

今日はメチャクチャ暑かったです。

 

9時にプー子トリミングの為、お店の人が車で迎えに来てくれる。

プー子がいない間に、スーパーコノミヤに買い物に行く。

10%オフの日は、いつも混んでる。

コノミヤはまだ無料で袋つけてくれてます。

 

1時頃プー子迎えに行く。

プー子も私が来たのわかったようで、こっちをじっと見てる。

はい、いつものように可愛くなりました。

お店の人 「プー子ちゃん、左のおっぱいの近くに、しこりのようなものがあるんですよ。」

「なにもなければいいんですが、乳がんとかだと大変なので、一度病院で診てもらったほうがいいですね。」

私 「小さく膨らんだのがありますね。」

「この近所に動物病院ありましたね。」

お店の人 「1分ぐらいのところにあります。よく診てくれますよ。」

私 「帰りちょっと寄ってみます。」

 

動物病院に寄ってみると、1時までだったので夕方行くことにする。

 

暑さの中帰ったので、プー子ハアハア言ってる。

 

6時過ぎになると、さすがに涼しくなってきた。

散歩がてらゆっくり行く。

 

病院に着くと震えだした。

飼い主と一緒で、恐がりだから。笑

コロナで待合室が密になるといけないので、外で待つように言われる。

外にも、ベンチを置いてくれている。

他のワンちゃんも外で待っていたので、

私 「何才ですか?」

女性の方 「もう、14~5才ぐらいです。」

「保護犬を譲ってもらったものですから、はっきりした年齢がわからないんです。」

「腎臓が悪いもので、2日に1回点滴してもらってるんです。」

私 「私は今日初めてなんですけど、どれくらい費用かかるんですか。」

女性の方 「点滴は一回2千円なんですけど、薬とかいれると月4~5万になります。」

私、ワンちゃんに、

「いいところにもらわれて、良かったね。」

女性の方 「飼った以上は最後まで面倒見てあげないとね。」

私 「そうですよね。」

ワンちゃんも高齢になってくると、お金がかかる。

 

そうこうしてると、渡されてたベルがなった。

病院に入ると名前を呼ばれて、診察室に入る。

女の先生だった。

今日は院長先生、不在らしい。

最初に体重を測る。

3キロ。

ちょっと太ったね。

何でも飼い主に似る。笑

先生にしこりを見てもらう。

先生 「これは乳腺腫瘍ですね。」

「避妊手術してないと、なりやすいんです。」

「腫瘍を切り取って、良性か悪性か調べないといけないですね。」

「その時に避妊手術もした方が、いいですね。」

「今回は腫瘍のまわりだけ切り取りますが、検査の結果悪性だった場合、もっと大きく取らないといけなくなります。」

私 「もっと早く、避妊手術しとけば良かったですね。」

先生 「早く手術した方がいいんですが、来月の24日になります。」

私 「わかりました。よろしくお願いします。」

今年は大ばあばの手術、私の歯の治療、プー子の手術と、重なるときは重なるんやなあ。

良性であってほしいです。

 

 

 

 

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記
-, , , ,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5