プー子日記 大ばあば日記 家族日記

大ばあば、又又転んで顔面と右手出血。

いよいよ寒くなってきました。

 

今日は新聞の休刊日なので、当然来ないんだけど、大ばあば、

「新聞来てないで。」

を繰り返して言うので、昨日の新聞を見せて、納得させる。笑

大ばあば 「これ、今日の新聞。」

私 「うん。そう。」

それから言わなくなった。笑

 

お昼ご飯食べてから、プー子の散歩。

公園に行ったら急に風が出てきて、広場が砂ぼこりで凄いことになってるので、早々に帰ることにする。

風で耳がたなびいてます。笑

寒いのか急いで帰ってます。

帰ったら今日も足拭き置いてくれてました。

 

夕方、またしても事件が起きました。

台所で夕飯の用意をしてると、

「大丈夫ですか?」

と近所の人の声。

急いで玄関に行くと、大ばあばフラフラしながら入って来た。

私、近所の人に、

「なにかありました?」

近所の人 「転んだようでしたので、大丈夫かと思いまして。」

私 「すみません。」

大ばあばに、

「転んだん?」

大ばあば 「ここ。」

明るいところでよく見ると、おでこにタンコブ。

鼻2か所すり傷。

右手が一番ひどくて、手のひらの皮膚がえぐれてる。

出血がひどいので、取りあえずバンドエイドで応急処置をする。

今年の3月27日に転んだ時の事が蘇る。

あの時は夜も遅かったので救急車を呼んだ。

あの時よりは、傷の場所は似てるけど、前みたいにひどくはない。

診療所に電話してみる。

私 「すみません、〇〇〇ですけど、また転びまして、だいぶ出血してるんですけど。」

看護師さん 「救急車呼ばれた方が、いいと思いますが。」

私 「救急車を呼ぶほどではないと思うんですけど。」

看護師長さんが代わって出てくれて、

「今からすぐ行きますね。」

と言ってくださった。

 

しばらくして、来ていただいた。

看護師長さん 「もう、処置してもらってるんですね。」

私「右手の出血がひどいんですけど。」

看護師長さん 「この容器にぬるま湯を入れてもらえますか。」

容器にお湯を入れて渡す。

傷口を洗って、塗り薬を塗って、テープで留めてもらう。

看護師長さん 「娘さんも大変だけど、笑って話されているので、安心しました。」

「家で介護するのって大変だけど、落ちこまないでしてるから、出来るんですね。」

いやいや、私なんか毎日怒ってばかりいて、ストレスだらけだけど、大ばあばも悪気があってやってるわけじゃないし、普段はいい所も一杯あるから、やって行けるんだと思う。

大ばあば 「ほんとによくやってくれます。」

なんかあった時だけ、反省してくれてます。笑

看護師長さん 「あす、朝また来ます。」

「頭打ってCT撮っても、今すぐには症状出ないで、何週間後に出る場合があるから、しばらく様子みましょ。」

「食べたものを 嘔吐したりしたら、すぐお電話ください。」

私 「はい、わかりました。ありがとうございます。」

顔中バンドエイドだらけ。

骨折しなくて、本当に良かった。

これからは、4時ごろからドア開かないようにしないといけないな。

明日のデイサービス、お休みの電話を入れた。

やれやれ。

 

 

 

 

 

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記, 家族日記
-, , , , ,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5