プー子日記 大ばあば日記 家族日記

血液検査の結果は大丈夫でした。

今日は風があって寒かったです。

 

昨日デイサービスに行って疲れたのか、朝起きようとしない。

私 「もう、9時まわってるよ。」

大ばあば 「さむい。」

私 「寝てばっかりしてたら、歩かれへんようになるよ。」

しばらくして、むくっと起き上がった。笑

起きると、私も手伝いながらだけど、着替えもテキパキと脱いだり着たりしている。

 

一段落して、大ばあば、

「あれ、なんで光ってるの?」

と言う。

クリスマスツリーの鹿さんが緑に光ってる。

私 「あれは、光の加減で光って見えてるねん。」

「立ってみ。光ってないから。」

大ばあば、立って見てる。

大ばあば 「ほんとや、光ってない。」

大ばあばは、電気がついてたりすると、気になって仕方ないみたい。

電気ではないことがわかって、納得しました。

 

いつもはお昼から来られる理学療法士さん、今日は午前中来られるので、その辺を片付け始める。

大ばあば 「きれいにして、誰か来るの?」

こういう時は、ごくごく普通のおばあちゃん。笑

私 「リハビリしてくれる、女の人が来はるねん。」

「毎週、来てはるやろ。」

大ばあば 「来てはるか。」

「しらん。」

プー子も誰か来ると思って、しきりに玄関の方を見に行ってる。

もうすぐ来られるというところで、大ばあば、

「トイレ行きたい。」

 

ピンポーン。

トイレに入ってる最中に来られた。

私 「すみませーん。ちょっと待ってください。」

 

私 「お待たせしました。今年もよろしくお願いします。」

理学療法士さん 「こちらこそ、よろしくお願いします。」

「〇〇〇さん、お変わりなかったですか。」

私 「一昨日プー子に噛まれて、今日も噛まれそうになりました。笑」

理学療法士さん 「右手ばかりで、大変ですね。」

私 「足の赤い斑点がなかなか治らないので、月曜日血液検査してもらったんです。」

「何かあったら、昨日お電話してもらえることになっていたんですけど、電話がなかったので多分大丈夫だと思います。」

理学療法士さん 「そうですか。検査してもらってたら安心ですね。」

私 「○○さん、まわってらして、最高齢のお年寄りって、何才ですか?」

理学療法士さん 「〇〇〇さん、おいくつですか?」

私、大ばあばに、

「なんさい?」

大ばあば 「さあ。」

何か月か前まで言えてたのに、今は全く言えなくなってしまった。

私 「92歳やろ。」

理学療法士さん 「私がまわってる中では、〇〇〇さんが一番上かも知れないですね。」

私 「一番上ですか。」

大ばあば 「先生、きれいな顔してるね。」

久しぶりに始まった。笑

理学療法士さん 「ありがとうございます。」

私 「よく、見てるんですよ。」

「私もお化粧してない時は何も言われないのに、してる時はきれいなって言うんです。」

理学療法士さん 「〇〇〇さんも若い時はきれいでしたでしょ。」

「デイサービスに行く時、お化粧されて行ったらどうですか。」

私 「今、マスクしてますしね。」

理学療法士さん 「そうですね。それに、お風呂も入りますものね。笑」

 

そんな話をしながら、いつも通りのリハビリを一通りして終わりました。

 

少し遅めのお散歩。

冬は2時頃までにお散歩に行くのがベストです。

今日はこっちじゃないんや。笑

寒い日は早く帰りましょ。

 

5時頃電話が鳴った。

看護師さん 「診療所ですけど。」

えっ、何もなかったら電話しないと言ってたけど、なんかあったんやろか。

私 「はい。」

看護師さん 「月曜日血液検査した結果が出たものですから、お電話しました。」

私 「はい。」

結果、悪かったのかな。

色んな事が頭をよぎる。

看護師さん 「肝臓の数値も悪くなかったですし、血小板が少ないという事もなかったです。」

私 「そうですか。お電話あったのでどこか悪いところがあったのかと思いました。」

看護師さん 「早くお知らせした方がいいかと思って、お電話さし上げました。」

私 「ありがとうございます。安心しました。そうしましたらしばらく様子見ですね。」

看護師さん 「そうですね。よろしくお願いします。」

取りあえず、よかった。よかった。

 

 

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記, 家族日記
-, , ,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5