プー子日記 大ばあば日記

大ばあばから羞恥心消え去る。

プー子が急に「ワンワンワーン。」と吠えながら1階に駆け下りていった。

私 「誰か来たのかな。」

「こんなに早く誰やろ。宅急便にしたら早いし。」

チャイムがなっても2階に聞こえないので、プー子が吠えながら下に行ってはじめて誰か来たのかなとわかる。

下でかすかに大ばあばの声が聞こえる。

「やっぱり誰か来たんや。」

急いで下に行くと、

ヨーグルトを宅配のお兄さんが持って来てくれたようだ。

いつもなら10時頃持って来てくれるんだけど、今日は台風が来るからか、8時頃配達してくれた。

それはいいんだけど、大ばあばの姿見て

ビックリ!

下着姿のまま、頭ボサボサ、入れ歯も入れてない。

妖怪やん 笑

まだ着替えてなかったんやろな。

昨日の夜に限って、パジャマ着替えさすの、大ばあばにまかせて2階に上がった。

昨日寒くなかったから、パジャマ着ないで寝たんやろか。

自分でやると言いながら出来なくなってきてるから、やっぱりもう何も任せられないわ。

私 「その姿のまま出たん?」

大ばあば 「ちょっとしか、ドア開けてない。」

私 「ちょっとしか開けてないって、そんな姿見たらびっくりしはるで。」

「なんで私呼ばへんのん。」

大ばあば 「あんた2階にいたから。」

私 「2階にいても、これから呼んでや。」

大ばあば 「わかった。」

わかったと言っても、わかってない。笑

もう大ばあばからとうとう羞恥心と言う言葉も、消えてしまった。

来週宅配のお兄さんに会うの恥ずかしい~~。

 

今日は台風で1日雨だったので、お散歩行けず。

プー子、いつも大ばあばの膝の上か私の膝の上が定位置。

私の膝の上で、ゴロンと仰向けでおねんね。

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記
-, ,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5