プー子日記 大ばあば日記

心配事が絶えません。

今日1階と2階の扇風機分解して綺麗に洗う。

大ばあば椅子に座ったままじっと見ている。

扇風機のカバー掛けて仕舞おうとしてると、

大ばあば 「仕舞うから置いとき。」

私 「扇風機、上の方に置くのに、危ないから私が片づける。」

大ばあば 「大丈夫や。」

私が一応片づける。

それが気にいらないのか、私がいない時にドレッサーの椅子持って行って、椅子の上に乗って片づけようとしていた。

私 「もう、危ないやん。やめとき。」

大ばあば 「大丈夫や。」

と言いながら、扇風機落とす。

「ガチャーン。」

私 「だから言ったやろ。椅子から落ちて又入院したら、知らんで。」

大ばあば何も言わないで、懸命に扇風機上に置こうとしている。

私の言う事ちっとも聞かない。

でも、力持ちやわ。ちゃんと置けた。

風邪のしんどさ治ったのかな。

と思っていたのに、、、。

 

夕飯時、いつものように私が支度している間に、大ばあば大福食べ始めていた。

私 「又食べてる。そんなん食べてるから夕飯食べられへんねん。」

大ばあば、食べるのやめる。

おかずだけ食べてご飯残してる。

私 「ほら、残したやん。」

ご飯食べないでさっきの大福の残り食べてる。

小さい子とおんなじ。

しばらくしたら、大ばあば下向いて頭痛そうにしてる。

私 「頭、痛いのん」

大ばあば 「うん。」

私 「肩凝ってるんとちがう。」

「肩揉んだげるわ。」

「気持ちいい?」

大ばあば 「気持ちいいわ。」

私 「お昼に扇風機片づけたりするから、疲れたんやわ。」

「だから、せんでいいって言ってるのに。」

大ばあば、まだ痛そう。

私 「薬飲む?」

大ばあば 「薬あるのん。」

私 「あるよ。」

いつもだったらいらないと言うのに、今日は飲むと言う。

私 「甘いもんばっかり食べてるから、血もドロドロになってるんやわ。」

大ばあば 「そうか。」

いつもは自分で布団も敷くのによっぽど痛いのか、私が敷いていても何も言わない。

これで治ってくれたらいいけど。

明日病院行くのに大丈夫かな。

 

今9時、大ばあばの様子見に行った。

もう横になって寝てた。

私 「頭痛いの治った?」

大ばあば 「もう痛くない。」

私 「薬効いたんかな。」

ちょっと安心。

 

今日のプ-子

時々会うワンちゃん。16才、なんでこの辺のワンちゃんご長寿なんやろ。

プー子、おやつに必死。笑

おやつゲット。プー子しあわせ。

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記
-, ,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5