プー子日記 大ばあば日記

心臓の運動負荷検査

朝 1階に降りると大ばあばまだ寝てた。

私 「まだしんどい?」

大ばあば 「だいぶましになった。」

と言うもののまだしんどそう。

私 「ゆっくり寝とき。」

大ばあば 「うん。」

暫くして、

私 「りんごすったから、食べてみ。」

大ばあば、起きて全部食べて、又寝る。

1時間後、

私 「ヨーグルトにハチミツかけたの食べる?」

大ばあば 「うん。」

これも全部食べた。

食べてから、少し元気になってきた。

 

私 「病院に行ってくるわ。」

大ばあば 「どこの病院?」

私 「昨日行った病院。心臓の検査。」

 

私、外に出て自転車出してると、

大ばあばパジャマのままプー子抱いて出てきた。

私 「中に入っとき、プー子抱っこしたりしてると、バランス崩して転ぶで。」

家の中に入れて、ドア閉める。笑

 

やっと病院へ。

今日は病院も検査の人だけなので、すいてる。

すぐ名前呼ばれて、検査着に着替える。

簡単な検査だと思っていたのに、どんな検査なんやろ。

看護師さん 「腕に点滴用の針さしますね。」

私 「えっ、点滴?」

看護師さん 「検査中に何かあった時にすぐ処置出来るように、もしもの時用です。」

私 「点滴した人っているんですか?」

看護師さん 「私はしたことないですね。」

私 「一応用意だけですね。」

それから、体に何か所か電極装着して心臓に負荷をかけて、運動直後の心電図に異常がないか見る検査が始まった。

仰向けになって、足で自転車のペダルを10分ほど漕ぐんだけど、だんだん重たくなってきつくなってくる。

結構きつい。

最初は先生と話しながら漕いでたけど、だんだん無口になってくる。

最後の方、はあはあ言い始めた。

先生も看護師さんも、

「いいよ、その調子、もうちょっとだから、がんばって。」

「あと1分。40秒・・・30秒・・・10秒・・・はい終わりました。」

と何度も声援?してくださって、最後までがんばれた。

先生、結果見て、

「太い血管は大丈夫なんだけど、細い血管が酸素が届きにくくなっていて、動脈硬化が出始めてるね。」

「普通は運動後3分ぐらいで心臓が正常になるのに、ちょっと遅いねえ。」

「グレーゾーンやね。」

私 「どうすれば良くなりますか?」

先生 「運動して、青魚食べて、間食を控えることやね。」

私 「はい、わかりました。」

先生 「お母さん、どお?」

私 「今日はまだ寝てました。」

先生 「食べれてる?」

私 「朝リンゴすりおろしたの1個とヨーグルトにハチミツかけたの食べました。」

先生 「それだけ? 少ないね。エンシュア飲んでる?」

私 「今日はまだ飲んでないです。帰ってから飲ませます。」

「又明日来るので、よろしくお願いします。」

先生 「そうやね。又明日。」

 

帰ったら大ばあば起きてた。

着替えて布団もしまってあった。

プー子のご飯のお皿に、

私 「又おかしあげてるやん。」

大ばあば 「あげても、食べへん。」

ご丁寧に細かくしてあげてる。

私 「あげても食べへんって、あげたらあかんやん。」

ちょっとよくなると、又怒る回数がふえる。

大ばあば 「足の指が痛い。。」

私「あっ、ちょっと赤くなってるわ。」

「ふらついて、ぐねたん違うん。」

大ばあば 「すぐ治るわ。」

もー、調子悪いと心配やし、ちょっと元気になると余計な事してくれるし、

疲れるわー。

 

今日のプ-子

変なお天気。

プー子なんか言いたそう。笑

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記
-, , ,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5