プー子日記 大ばあば日記 家族日記

理学療法士さん、防護服も着るようになりました。

今日もお昼から曇ってきました。

 

今日は2時半から2週間ぶりのリハビリがあるので、いつもより丁寧に掃除をする。笑

 

お昼からスーパーに行こうと自転車を出してると、プー子がドアの間からこちらを見てる。笑

なんか、かわいい。

じっと見てる。

最近は大ばあばがいてもいなくても、お留守番に慣れたようで、だまって家の中で待ってる。

 

スーパーのレジのところで金額見てたら、私が買った時に見た金額と違う金額で表示されてる。

丁度後ろに誰も並んでなかったので、レジの人に聞いてみる。

「あのー、この商品258円って書いてあったんですけど、298円ですか。」

レジのお姉さん 「あっ、ちょっと見て来てもらいますね。」

と別の女の人が見に行った。

別の女の人 「258円でした。」

レジのお姉さん 「すみません。258円で打ち直しますね。」

私も40円位だったらいいかなと思ったけど、空いてたので勇気を出して言って良かった。(おおげさ 笑)

これが混んでたら後ろの人を待たすことになるので絶対言えない。

それにしても少し前も違うスーパーでやはり、金額間違いがあった。

だから、その場でしっかりとチェックしておかないと損をする。

 

帰ったらもう2時過ぎ。

2時半に理学療法士さん、来られました。

玄関で使い捨ての防護服を着てる。

理学療法士さん 「今回から防護服を着ることになりました。40分程リハビリしますので、もし私が感染していて〇〇〇さんにうつしたら大変なので、最善の注意を払ってリハビリしますね。」

私 「大変ですね。」

プー子また、吠え続けてる。

私 「不審者に見えるのかな。笑」

大ばあば 「きれいな顔してるね。」

大ばあばは理学療法士さんを褒め始めた。

私 「おでこしか見えてないやん。」

大ばあば「きれいやわ。」

マスクして、メガネ掛けて、フェイスシールドしててほとんど顔が見えてないのに、どこを見て言ってるんやろ。笑

理学療法士さん 「ありがとうございます。そんなこと言ってくれるの〇〇〇さんだけですよ。」

褒められて悪い気はしないもんね。

理学療法士さん 「〇〇〇さん、今骨折しても入院できないですから、気をつけてくださいね。」

前に来られた看護師さんも同じ事言ってた。

私 「病気になってもすぐ入院できないですもんね。」

そこへ、診療所の先生も看護師さんと来られた。

看護師さん 「まだ足のほう、かゆみがありますか。」

大ばあば 「かゆいです。」

先生 「足は引掻いた後もないしきれいから、引き続きかゆみ止めの薬ぬっておいてください。」

私 「薬がもうないので、また出してもらっていいですか。

先生 「はい、出しておきます。」

先生と看護師さんはすぐ帰られました。

 

理学療法士さん 「この防護服、暑いんです。」

ビニールで簡単に作ってあるから、通気性も悪そう。

私 「手作りじゃないですよね。」

理学療法士さん 「どこかで頼んでるようですけどね。」

私 「夏になると汗でベトベトになりそうですね。うちは母親がクーラー嫌いだから、あまりエアコン低く出来ないんで暑いですよ。」

理学療法士さん 「お年寄りはクーラー嫌いな人多いですものね。」

 

理学療法士さん玄関で防護服脱いで帰られました。

 

このあと、プー子のお散歩。

曇ってるから、暑くないね。

いつものショートコースで帰りました。

 

 

 

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記, 家族日記
-, , , , ,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5