プー子日記 大ばあば日記 家族日記

SPO2の数値が左右の指で大きな差。

今日は一日雨でした。

 

朝から久しぶりの雨だったので、私もゆっくり起きました。

朝、寒くなかったのに、お昼過ぎから寒くなってきました。

 

2時半からリハビリなので、掃除しました。笑

バタバタし始めると、プー子も誰か来るなと感づきます。笑

雨の中、理学療法士さん来られました。

プー子、クルクル回って吠えながら歓迎してます。

理学療法士さん 「〇〇〇さん、今日は雨ですね。」

大ばあば 「雨降ってるのん?」

外、出ないからわからないね。

理学療法士さん 「お変わりなかったですか?」

私 「昨日の朝、トイレの前で転んだのか両膝打って、頬も内出血してるんです。」

理学療法士さん 「ほんとですね。青くなってますね。」

「転んで、どこかで打ったんでしょうね。」

「手の甲の絆創膏はどうしたんですか。」

私 「ついさっき、手を見たら血が出てたので、絆創膏貼ったんです。」

「なんで血が出たのかは、わからないんですけど。」

理学療法士さん 「皮膚も弱くなってるから、ちょっとしたことでも出るんでしょうね」

「〇〇〇さん、体温計を脇の下に入れてもらえますか。」

大ばあば 「どうするの?」

この前まで出来てたのに、最近何もわからなくなって来てる。

私 「朝、顔を洗ってと言っても、どこを洗うかわからないんですよ。」

理学療法士さん 「そうですか。」

「〇〇〇さん、ここに挟んでください。」

脇の下に挟むように言うと、ようやく思い出したように体温計を挟んだ。

理学療法士さん 「36度4分。」

「丁度いいですね。」

大ばあば 「いいの?」

理学療法士さん 「いいですよ。」

「次に酸素飽和度を測りますね。」

私 「またピコピコ鳴るんじゃないですか。」

理学療法士さん 「99です。」

私 「えー、99もあるんですか。」

理学療法士さん 「右でも測ってみますね。」

ピコピコ鳴り始めたので、数値を見てみる。

私 「89しかないですね。」

「右と左すごい差がありますね。」

理学療法士さん 「少しの間このままにしてたら、上がってくるかもしれないです。」

「あっ、上がって来ました。」

「94迄上がりましたね。」

私 「それにしても差がありますね。」

理学療法士さん 「そうですね。」

「左の方が心臓に近いっていうのもあるかも知れないですね。」

私 「体も安定してないんでしょうね。」

理学療法士さん 「そうかもしれないですね。」

 

プー子はクルクル回っておやつの催促をしてくる。

誰か来て、催促するとおやつを貰えるとわかってる。

あげるまで、ジーっと私の顔を見て催促してる。

仕方なく、あげてしまう。笑

 

大ばあばは淡々とリハビリをこなしてる。

理学療法士さん 「〇〇〇さん、関節も柔らかいですね。」

私 「ほとんど運動してないのに、なんで柔らかいんでしょうね。」

理学療法士さん 「持って生まれたのもあるんでしょうかね。」

私 「そうですね。」

40分間のリハビリ、無事終了です。

 

このあと、3時のおやつです。

私たちがヨーグルト食べてると、プー子もまたおやつを要求してきます。

この、鹿肉五膳大好きみたいです。

早くちょうだいと言って来ます。笑

大ばあばの足が写ってます。笑

食べたら、満足そう。

 

夜はいつもの鶏肉を茹でたもの。

茹でて冷まして、小さく割いて、時間かけて作っても、食べるのはあっという間です。笑

 

大ばあば 「明日、なんかあるの?」

私 「明日はひまわり(施設名)行く日やよ。」

大ばあば 「明日何時に起きたらいいのん。」

私 「7時半ごろ。」

 

「何時に起きるの。」を寝るまで言ってました。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記, 家族日記
-, , , ,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5