プー子日記 大ばあば日記 家族日記

ついに最後の頼みの綱の歯医者に行って来ました。

今日はお天気も良く、気温も上がって暑かったです。

 

お昼ご飯を早めに食べる。

お昼過ぎにまたQVCから、お洋服が届きました。

(QVC依存は治りそうにありません。笑)

試着してみるとピッタリ。

大ばあばにも褒めてもらいました。

送料660円を入れて、4,658円。

送料が要らないと安いんだけどなあ。

 

今日は3時40分からの予約で、3年ほど前に通ってた歯医者に行きました。

自転車⇒電車⇒徒歩⇒バス

1時間半ほど掛かります。

大ばあばが大腿骨を骨折するまで通ってました。

妹やメイ子ちゃんも通ってます。

信頼できる先生です。

なかなか予約がとれないので、それがネックです。

電車に乗るの今年初めてかな。笑

電車やバスに乗って行くだけで、歯医者なのに嬉しい。

久しぶりなので2時間前に家を出たら、バスの時間が待たなくて行けたら、1時間前に着いた。

この近くに住んでる人が羨ましい。

ギリギリに来て、すぐ名前呼ばれていく。

3時40分丁度に名前呼ばれました。

まずうがい薬でブクブクをする。

しっかり感染対策してる。

先生 「お久しぶりです。」

覚えてくれてたのかな。

私 「お久しぶりです。介護で来れなくなったものですから。」

先生 「そうだったんですか。」

院長先生なのに、やさしい口調で偉そうなところが全然ない。

先生 「久しぶりなので、歯の全体のレントゲン撮りますね。」

レントゲンを撮ってもらって、説明を受ける。

先生 「左の部分入れ歯に関しては、すごく上手に作られてますよ。」

「僕はあまり人を褒めないんですけど、これは言う事ないですね。」

「入れ歯は近くの歯医者で作られてもいいと思いますよ。」

そうなんや。

確かに抜歯も今までで一番上手だった。

この前部分入れ歯が痛くて診てもらった時も、一瞬でゆるめてすっと入った。

 

先生 「奥の歯が痛いと言う事ですが、歯が折れてる可能性がありますね。」

「折れてると抜歯したほうがいいですね。」

「折れてるか折れてないかは、レントゲンではわからないんですよ。」

私 「抜歯した場合、また部分入れ歯になるんですか。」

先生 「そのままにしておいてもいいと思いますよ。」

私 「わかりました。下の奥歯や上の奥歯の横の歯も痛いんですけど。」

先生 「下の奥歯が悪いような気がしますね。」

「下を治療して痛みが治るかもしれないですから、先に下を治療しましょうか。」

私 「お願いします。」

昨日の歯医者とえらい違い。

下が痛いと言っても、上の奥歯を先に治さないと治療できませんと言われそれっきりになってた。

 

先生 「では麻酔しますね。」

「あー、虫歯になってますね。」

「歯髄炎ですね。」

歯髄炎とは、虫歯で歯の内部にある神経まで細菌が侵入して炎症をおこしてること。

「神経は置いといて、薬を入れますね。」

「何度か通ってもらわないといけないですけど。」

「痛み止めの薬も出しておきますね。」

40分ぐらいかけて、奥の2本を一気に治療してくれました。

ダメージ、いっさいナシ。

さすが院長先生。

 

次回の予約も最短で18日。

それも9時。

7時半頃家を出ないと行けない。(*_*;

頑張って早起きしよ。笑

 

バスが運よくすぐ来てくれた。

20分ほど乗って、12~3分歩いて、阪急電車に乗る。

 

帰り、早く帰りたかったけど、スーパーに寄って帰る。

 

帰ると大ばあば、ベッドに横になってました。

私 「寝てたん?」

大ばあば 「もう寝ないと。」

私 「まだ夕方やよ。」

寝てくれてた方が安心できるけど。

大ばあば起きたので、お饅頭を出す。

 

食べてもらってる間にプー子の散歩。

6時近いのに、まだ暑い。

シーズー犬に会いました。

大好きなワンちゃんにも会えました。

もう少しでまた噛まれるとこでした。笑

帰ると今日は、大ばあばが食事の時に使ってるバスタオルがプー子の足拭きとして置いてありました。笑

 

食事の時もまだ麻酔が残ってたのか、久しぶりに痛くなく食べれました。

明日痛みがなくなったら、最高なんだけど。

 

台所で洗い物をしてると、大ばあば、

「だんご、だんご。」

と呼んでる。

行ってみると、トイレの前でまた座ってる。

足腰が弱くなって、踏ん張れなくなっているんやろね。

歩けなくなったら、大変やなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記, 家族日記
-, , , ,

© 2022 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5