プー子日記 大ばあば日記 家族日記

師長さん来てくれました。

今日は曇り時々晴れでした。

 

昨日の夕方、プー子の散歩に行って帰って来たら、大ばあばが転んで玄関の前に座り込んでた。

それで、今朝9時前に診療所に電話したら、来る前に電話してくれることになりました。

 

9時20分頃に今から伺いますと電話がありました。

大急ぎで大ばあばを起こし、着替えさせ、顔も洗う。

10分程したら、師長さんが来てくださいました。

師長さん 「早くに来てすみません。」

私 「いえ、早い方が良かったです。」

師長さん 「まだかまだかと待ってるのも嫌ですもんね。」

「〇〇〇さん、大丈夫ですか。」

大ばあば 「、、、。」

何が大丈夫なのかもわかってない。

昨日のことも覚えてないようです。

師長さん 「これにぬるま湯を入れてもらっていいですか。」

私 「はい。」

急いで、ボトルにお湯を入れる。

師長さん 「傷口の皮が綺麗に被ってますね。」

「娘さん上手に絆創膏貼ってくれてますよ。」

「考えて貼ってくれたんですか。」

私 「いいえ、何も考えないでたまたまうまく貼れたんだと思います。」

師長さん 「そうなんですか。皮がめくれてると、傷口が治りにくいですから。」

ぬるま湯で大ばあばの傷口を洗う。

大ばあば 「いた。」

そりゃベロっと皮膚がめくれてたから、見てても痛そうでした。

師長さん 「1週間絆創膏替えなくてもいいのに、しときますね。」

「傷口を治す力もある絆創膏です。」

大きい絆創膏を貼ってもらいました。

絆創膏を剥がす時は、矢印の方向にはがすと、傷口の皮も取れないで、早く治るそうです。

私 「左の肩あたりも少し内出血ありましたけど、見た感じ大丈夫そうに見えました。」

師長さん 「〇〇〇さん、腕上がりますか。」

大ばあば、腕を上げてる。

師長さん 「手をグーパー、グーパー出来ますか。」

大ばあば、グーパーも出来た。

師長さん 「大丈夫ですね。骨折してなくて良かったです。」

私 「最近元気で、元気な時ほど、良く動くので危ないんです。」

師長さん 「そうですね。気候も良くなってきたし、動きたいですよね。」

「来週、看護師が来た時に、絆創膏替えますね。」

私 「ありがとうございました。」

来てくれて、良かったーー。

来てもらえなかったら、自分で処置しないといけないなと思ってたから。

 

1時から美容院なので、早めにお昼ご飯を食べさせて、12時40分頃家を出ました。

プー子がいると、家から出ないので安心。

プー子役に立ってる。笑

店長 「お母さん、大丈夫ですか。」

私 「看護師さんが来てくれたので、良かったわ。」

店長 「お母さん、我慢強いから、痛くても痛いって言われないですもんね。」

私 「よほど痛くないと言わないね。」

店長 「今日は早く終わらせた方がいいですね。」

私 「私も今日はどこにも寄らないで、まっすぐ帰るつもり。」

今日も、綺麗にしていただきました。

 

急いで帰ると、プー子大喜びでお迎えしてくれました。

大ばあばも、大人しく待ってくれたようです。

3時のおやつ。

柏餅と麩饅頭を「おいしい、おいしい。」

とペロリと食べました。

ヨーグルトも食べて、「まだ食べれる。」と言ってる。笑

食欲旺盛やね。

この後、栗饅頭も食べました。笑

 

近所に住んでる幼馴染の弟さんが、幼馴染から預かって来たと持って来てくれました。

幼馴染もQVCで買ったらしい。

これからの季節、汗かいた時にもいいようで、母親にって頂きました。

 

夕飯の支度をして、プー子の散歩。

プー子、溝が浅いので中に入ってます。笑

 

 

6時前から久しぶりの歯医者。笑

先生 「あれから少し空きましたが、どうですか。」

私 「食べたら、まだ痛いですけど。」

先生 「奥の歯は被せを取ってるので当たらないから、痛くならないと思うんですけどね。」

「奥の被せ取ったところの土台を、もう少し削って様子見ますね。」

先生もなんで痛むのかわからないようです。

今日もすぐ終わりました。

 

帰ると、大ばあば、

「遅かったな。」

私 「すぐ帰ってきたから、そんなに遅くなってないよ。」

お腹空いたのかな。笑

すぐ夕食を出す。

私も最初、痛くないと思いながら食べてたけど、10分程するとまた少し痛くなってきた。

奥の歯はもう限界かも知れない。(*_*;

 

 

 

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記, 家族日記
-, , , , , ,

© 2022 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5