家族日記

信州のリンゴと青森のリンゴの違い

今日の大阪は雨が降ったり止んだりのお天気でしたが、暖かい
一日でした。
お昼過ぎから自転車で15分かけていつもの果物屋さんへ。
足の指骨折して、お歳暮送れてなかったのが、今日やっと送れた。
冬のお歳暮はいつもリンゴと決めている。

お店の広い冷蔵庫の中入れてもらって、いろいろなリンゴ見せてもらう。
信州のリンゴは形は悪いけど、糖度が13度あって甘い。
青森のリンゴは形はいいけど、糖度は低い。
青森のは糖度低いのに、形がいい分高いらしい。
私 「人間と一緒やね。」
「リンゴも箱開けて、見ためが綺麗と、高そうに思うもの。」
お店の社長 「でも一番は味ですから。」
私 「第一印象って大事やん。」
お店の社長 「僕の友達イケメンなんですけど、奥さんはそうでもなくて
なんで結婚したんって聞いたら、顔じゃないって言ってました。」
私 「中にはそういう人もたまにはいるけど、大抵の男の人は綺麗な女の人
好きやん。」
お店の社長 「綺麗な女の人は冷たい感じしますよね。僕は明るい可愛い人が
いいですわ。」
いつの間にか、リンゴの顔から、人間の顔談義になってる。笑
どうでもいいような話ばっかりで2時間位、かかった。笑
うちも同じリンゴを買って、家に帰って味の確認。
今日の信州リンゴ、蜜が入っていてメチャクチャ甘くて美味しい。
社長の「味が一番」って言ってたの食べてやっと納得した。笑

ブログ村に参加してます↓押してワン

-家族日記
-,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5