プー子日記 大ばあば日記

明日手術することになり、先生から説明聞きました。

今日もいいお天気でした。

今日は居間のカーペットを洗って、大ばあばが敷かせてくれなかった黄色のカーペットに替えました。笑

沈んでいる心が少しでも明るくなるように、綺麗な色に替えました。

プー子もよく玄関に行くようになりました。

いつ、帰ってくるのかな。

 

先生の説明を聞きに、4時半ごろ家を出る。

大ばあば 「遅かったな。」

私 「今日は5時から先生の話あるから、遅く来てん。」

「ヨーグルト持ってきたで。食べる?」

大ばあば 「うん。」

「おいしいわ。」

1つ全部食べた。

大ばあば 「ここからここまでやから、すぐやんな。」

私 「なんのこと?」

大ばあば 「プー子、おれへんな。」

私 「ここ病院やで。」

大ばあば 「あー、病院か。笑」

家と病院がごっちゃになってる。

大ばあば 「ここからここまでやから、すぐやで。」

何回も同じ事をきいてるうちに、なんとなくわかってきた。

男の人が来たと言ってたから、先生が大ばあばに説明したんだと思う。

大まかに言うと、骨折した範囲が大きくないから、手術はすぐ終わると言うのを、言いたいんやと思う。

本人には、心配させないように、言ってくれはったんかな。

それとも大ばあばが、都合のいい様に解釈して言ってるんかな。

昨日の今日で随分認知症進んだと思ったけど、話しているうちに、少しずつまともになってきた。

5時20分になっても、先生来られないので、看護師さんに聞いてみる。

10分位したら、来てくださった。

診断は右大腿骨転子部骨折

先生 「〇〇〇さんは、貧血があって、心不全もあるんですが、手術しないともっと悪くなるので、した方がいいです。」

「手術しないと、治療に長期間かかるし、痛みもずっとあって、本人もつらいと思います。」

「手術しても、疼痛や機能障害がある程度残り、歩行能力も低下します。」

「今まで自分で歩いていた人は、杖が必要になり、杖を使ってた人は、車椅子が必要になります。」

「でも早期に歩行が可能になるので、早く日常生活に復帰できます。」

「手術は全身麻酔で、大腿骨に金属のインプラントを入れて、固定します。」

私 「いつ、手術なんですか。」

先生 「早い方がいいので、明日午後1時から行います。」

私 「何時間ぐらい、かかりますか?」

先生 「1時間ぐらいで、終わります。」

私 「手術してから、どれくらいで退院できますか?」

先生 「早くて3週間、治りが遅いと1か月くらいかかりますね。」

「〇〇〇さんは少し、菌のいる値が血液検査で高かったので、肺炎の疑いも少しあります。」

私 「そうなんですか。わかりました。」

「よろしくお願いいたします。」

手術をしない選択肢はないんや。

大ばあばの体が持ってくれることを、祈るのみやわ。

 

病室に戻ると、夕食が運ばれてきた。

食べさせてから、帰ることにする。

私 「このお豆さん、甘いから食べる?。」

大ばあば 「食べる。」

甘いものは、食べてくれる。笑

私 「高野豆腐の煮たのも、柔らかいから食べ。」

大ばあば 「うん。」

高野豆腐も少しは食べたけど、ほとんど残す。

お茶を飲むとき、むせる。

大ばあば 「いたい、いたい。」

咳をしただけでも、痛そう。

大ばあば 「もう、はよ帰り。」

私 「うん、明日お昼ごろ来るわ。」

大ばあば 「気をつけて、帰りや。」

私「わかった。あした、がんばりや。」

 

帰ったら7時。

急いでプー子の散歩。

さすがに7時になると、涼しいです。

帰って、ご飯にしよね。

 

 

 

 

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記
-, , ,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5