プー子日記 大ばあば日記 家族日記

夜中の大雨と、病院での会話。

今日の昼間は、お天気なんとか持ちました。

 

今日の午前3時頃、すごい雨音で目を覚ます。

雨音が大きすぎて、眠れない。

4時20分頃、警報音が鳴って、緊急速報メールが入る。

山手の方で、土砂災害の危険性が高まったため、避難準備の発令が出た。

そこから「少し、静かになったな。」と思っていたら、

5時前から、再びの大雨。

プー子も怖がってる。

5時過ぎ、又警報音。

眠れないよー。

6時20分、又又警報音。

結局、寝たのか、寝てないのか、わからない状態で、朝を迎える。(*_*;

 

朝になると、夜中の大雨が嘘のように、晴れ間も出てきた。

暫くお天気悪そうだから、今のうちに洗濯しとこ。

 

2時半に病院の職員さんとのお話があるので、2時に家を出る。

私 「月曜日は来れなくて、すみませんでした。」

職員さん 「いえ、月曜日も雨風がすごかったですものね。」

私 「そうなんです。あまりの風で、途中で行くの諦めました。」

「リハビリ病院なんですが、市内にもあるんでしょうか。」

職員さん 「ありますよ。資料持ってきますね。」

市内や近隣のリハビリ病院の資料を持って来てくださる。

私 「面会は、どこも出来ないんですか?」

職員さん 「出来ないんですよ。」

私 「長い期間面会が出来ないと、ちょっと不安なんです。」

「母親は何でも我慢して、あまり看護師さんにも言わないものですから。」

「私には言えるんですけど。」

職員さん 「そうですね。」

私 「ここは、市内ではないですけど、まだ新しいんですか?」

資料の中にある一つを聞いてみる。

職員さん 「はい、新しくてきれいですよ。」

「リハビリ専門の病院なんです。」

「茨木市から病院行きのバスも出てますよ。」

私 「そうですか。ではこちらの病院にします。」

部屋に帰って、今日も入院患者さん達と談笑。

72歳の患者さん 「私一人で住んでるので、お母さんが犬飼えばいいのにって言ってくれるんですけど、私、猫の方が好きなんです。」

私 「そうなんですか。」

「犬は散歩に連れて行かないと、行けないですものね。」

隣の82歳の患者さん(今まで88歳と思っていたら、いつの間にか患者さん変わってた。笑)

「すみません。そこのスマホ取ってもらっていいですか。」

私 「82歳でスマホ操作できるんですね。すごいですね。」

82歳の患者さん 「早くからスマホにしてたものですから。」

「何でも調べられていいですね。」

私 「そうですね。何でもわからないこと聞けますものね。」

皆とお話してると、すぐ時間が経つ。

私 「そしたら、又明日くるね。」

大ばあば 「毎日来なくていいで。」

私 「リハビリ病院に行ったら、会えなくなるし。」

大ばあば 「変わるの。ここの人も皆一緒?」

私 「ううん。大ばあばだけ。」

大ばあば 「ふーん。」

言ってもすぐ忘れるからなあ。

昨日メイ子ちゃん来てくれたことも、綺麗に忘れてた。笑

 

帰ってすぐプー子の散歩。

この場所は必ずチェックします。笑

この後すぐ雨降ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記, 家族日記
-, , ,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5