プー子日記 大ばあば日記 家族日記

認知症になっても気遣いは健在です。

朝はお天気良かったのに、お昼から曇ってきました。

 

お昼頃スーパーコノミヤに行く。

月曜日の10%オフが知れ渡ってきたのか、お昼頃のコノミヤはいつも混むようになってきました。

 

2時前から、プー子の散歩。

寒いけど、風がない分まだましです。

まだ紅葉してます。

 

大ばあばがいると、ゆっくり散歩できなくなったね。

 

2時半からリハビリの為、理学療法士さん来られるので、家の中を少し片付ける。

そうするとプー子、もう誰か来ると思って玄関の方を気にしてる。

私 「もうすぐ、リハビリしてくれる女の人来るから。」

大ばあば 「リハビリって?」

私 「足上げたりして、運動してるやろ。」

大ばあば 「うん。」

「お茶出してあげたら。」

私「お茶とか出したらあかんねん。」

大ばあば 「あかんのん。」

 

プー子「ワンワン」と来られたことを教えてくれる。

理学療法士さん 「〇〇〇さん、こんにちは。」

大ばあば 「お願いします。」

私に、

「お茶出してあげたら。」

私 「出したらだめやねん。」

理学療法士さん 「ありがとうございます。規則で戴いたらいけないことになってますので。」

大ばあば 「そう。」

理学療法士さん、体温測るのに、

「〇〇〇さん、脇に入れてもらっていいですか。」

血圧測るのと間違えて、袖をまくろうとしてる。

体温計もしっかり脇にはさめないのか、2回ほど落としたので、私が大ばあばの腕を持って落ちないようにする。

理学療法士さんが畳に座って、血圧測ろうとしたもんだから、大ばあばもベッドに座っていたのを、畳みに座ろうとして、バランスを崩してもうちょっとで又転ぶところだった。

理学療法士さん 「〇〇〇さん、そんなに気を遣ってもらわなくても、ベッドに座ってていいんですよ。」

大ばあば 「悪いと思って。」

自分だけ座ってるのが悪いと思ったんやろね。

そして又私を見て、

「お茶出してあげたら。」

私 「だから、お茶出したらあかんねん。」

理学療法士さん 「お茶持って来てますから。」

「ありがとうございます。」

このあとも、5~6回言ってた。笑

認知症になっても、気を遣うのは昔と変わってない。

 

理学療法士さん帰られてからも、

「お茶ぐらいあげたらいいのに。」

と、そればっかり言ってた。笑

私 「運動したから、のど乾いたんとちがう?」

「生姜湯飲む?」

大ばあば 「うん。」

山田養蜂場の生姜湯。

これがお気に入りのよう。

1袋に1回分が入っていて、便利です。

私が作って持って行くと、オロナミンCを飲もうとしてる。

私 「今、生姜湯飲むって言ったやん。」

大ばあば 「忘れた。」

一事が万事この調子。笑

はちみつしょうが湯 20gX15包

はちみつしょうが湯 20gX15包

1,728円(03/08 05:38時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

今日は7時過ぎに寝たけど、絶対途中で起きるパターンやと思う。

明日デイサービスなのに、夜中に起きて寝不足にならなきゃいいけど。(*_*;

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記, 家族日記
-, , , , , , ,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5