プー子日記 大ばあば日記

看護師さんとも早いもので、1年以上のおつきあいになりました。

今日も雲一つない、気持ちのいい1日でした。

 

昨日デイサービスに行って疲れたのか、8時半頃になってもまだ横になってました。

私とプー子が下に行って、必ずプー子がベッドに上がって大ばあばを起こす。

プー子も手加減しないで、大ばあばの体の上を歩き回る。

大ばあば、起きざるを得ない。笑

奥の部屋に置いてあるものの位置が変わってるとこ見ると、一度は起きた模様。

これから寒くなってくるのに、パジャマのままウロウロしてたら、風邪引かないか心配やわ。

 

1時に診療所から看護師さん来られた。

もう1年以上お世話になってるから、気心もわかってきて、何でも話せるようになってきた。

看護師さん 「〇〇〇さんの手冷たいですね。」

大ばあば 「先生の手、暖かいね。」

診てもらう人は皆、先生と言ってる。笑

看護師さん 「手が冷たいので、SPO2(酸素の量)が測れないですね。」

看護師さん、大ばあばの手を自分の手で温めてる。

私 「91しかないですね。」

しばらくして、

看護師さん 「上がってきました。96になりました。」

私 「手足の先まで血液が行きにくいんでしょうね。」

看護師さん 「そうですね。」

「体温は36度8分です。」

私「いつも、36度前半なのに、今日はちょっと高いですね。」

「朝、測るからですかね。」

看護師さん 「体温も1日のうちで、上下しますからね。」

「足のむくみは以前より良くなってますけど、所々赤い斑点が出来てますね。」

私 「足が痒いとよく言ってるので、掻くからでしょうか。」

「今日も薬は塗ったんですが。」

看護師さん 「内出血のような感じになってますね。」

私 「内出血ならしばらくすると、治りますよね。」

「来週先生来られた時に、診てもらいます。」

看護師さん 「そうですね。」

「排便はありますか。」

私 「退院時は、薬飲まないと出なかったんですけど、最近は薬飲まなくても出るようになりました。」

看護師さん 「良かったですね。」

プー子は誰か来ると、クルクル回っておやつの催促を始める。

私もついあげてしまうので、もらえるもんだと思ってる。

大ばあばは今日も、

「お茶出してあげたら。」

看護師さん 「いただいたら、だめなんですよ。」

「お気持ちだけ頂いておきます。」

看護師さん達、認知症の人の接し方はわかっていらっしゃるので、やさしく断ってくれる。

大ばあば 「お茶ぐらい、いいのにね。」

プー子は帰られる時に、すさまじく吠える。

また、ワンブルの出番かな。笑

 

看護師さん帰られてから、プー子のお散歩。

もっとお散歩したいけど、大ばあばが気になるから帰ろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記
-, , , ,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5