プー子日記 大ばあば日記 家族日記

なんでこれだけは覚えているのかな。

今日は、暖かく感じた一日でした。

 

今日も朝、

大ばあば 「今日はどこにも行かへんな。」

と言うので、

「お昼から、ケアマネージャーさん来はる。」

と言ったのが、悪かった。笑

それからというもの、

「仏さんのお花買いに行ってきたら。」

「お金、いるんかな。」

と、いろいろ言い始めた。

ベッドもきれいに、ベッドメーキングしてる。

ケアマネージャーさんが座る椅子も用意し始めてる。

ケアマネージャーさんが座る椅子は私の椅子に座ってもらうんだけど、場所が違うのを覚えていて、そっちに移動しようとしてる。

なんでもすぐ忘れるのに、なんでこういう事は覚えているんやろ。

 

お昼過ぎて、

大ばあば 「いつ、来はるんかな。」

まだ覚えていた。

誰か来ると言う事だけは、忘れない。

どういう頭の構造になってるんやろ。笑

 

1時頃、先にプー子のお散歩に行く。

暖かいけど、時々吹く風が冷たい。

風が止むと、暖かくなります。

久しぶりに公園に行きました。

他に誰もいません。

広場、貸し切り。笑

しばらくすると、私達だけになりました。

プー子は走り回らないので、帰る事にしました。

緊急事態宣言今日から発令されたから、誰も遊んでないのかな。

午前中スーパーコノミヤに行った時は、人多かったけど。

 

帰って、大ばあば、

「今日、もう来はれへんのかな。」

よく覚えてるわ。笑

そのことばっかり頭にあるから、忘れないのかな。

プー子も誰か来ることがわかって、吠え始めた。

 

外で自転車の音がしたのか、本格的に大きな声で吠えてます。

ケアマネージャーさん来られました。

ケアマネージャーさん 「〇〇〇さん、おめでとうございます。」

「今年もよろしくお願いします。」

大ばあば 「今年も、むにゃむにゃ。」

何言ってるかわからない。笑

私 「何でもすぐ忘れるのに、誰か来ると言うことだけは、忘れないんですよ。」

「どういった頭の構造になってるんでしょうね。」

ケアマネージャーさん 「どなたか来られる時は、ちゃんとしとかないといけないと思って、頭もしっかりするんでしょうね。」

私 「不思議ですね。」

「足の点状出血もヒルドイド軟膏つけたら、良くなってきました。」

ケアマネージャーさん 「血行が悪くなると、出来るんですよ。」

私 「それで軟膏つけたら、良くなって来たんでしょうかね。」

ケアマネージャーさん 「ヒルドイドに血行促進する成分が入ってますからね。」

私 「しばらく続けて塗ってみます。」

今日もいろいろお話しできて、気持ちが軽くなりました。

いろんな人と会話するって、大切ですね。

 

 

 

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記, 家族日記
-, , , ,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5