プー子日記 大ばあば日記 家族日記

看護師さんとお話しして、感じたこと。

今日はいいお天気でした。

 

昨日デイサービスに行って疲れたのか、8時半頃になってもまだベッドの中です。

私 「起きた?」

大ばあば、目を開ける。

起きてるようです。笑

でもなかなか起きようとしません。

トイレには起きた形跡があります。

いつものように、プー子が起こしてくれました。

 

デイサービスがない日は起きるのが遅いので、朝食を食べるとすぐお昼がやってきます。

今日は1時から看護師さんが来られる日なので、昼食も早めに食べました。

 

プー子が玄関に向かって、「ワンワン。」と鳴いています。

来られたのかな。

ドアを開けると、来られてました。

看護師さん 「こんにちわ。」

私 「こんにちわ。今日はいいお天気ですね。」

看護師さん 「昨日は、雪が降りましたものね。」

「〇〇〇さん、お元気でしたか。」

大ばあば 「はい。元気でしたよ。」

私 「足に出てた点状出血が、ヒルドイド塗るようになってから治ってきたので、来週先生が往診に来られた時に持ってこられる処方箋に、2本入れといてほしんですけど。」

看護師さん 「わかりました。伝えておきますね。」

私 「先月転んだ時の傷も、一カ月かかりましたけどやっと治りました。」

看護師さん 「きれいになりましたね。」

「〇〇〇さんはほんとに、治りが早いですね。」

「転んだ時の顔の傷も綺麗に治ってますし。」

私 「胃やお腹も痛いって言うのを、聞いたことがないんです。」

「内臓も丈夫なんでしょうね。」

「私は一つも受け継いでないですけど。笑」

看護師さん 「きっと、丈夫なんですよ。」

「夜は良く眠れてますか。」

私 「昨日は夜の7時に寝て、朝の9時前ぐらいまで寝てました。」

看護師さん 「トイレには、行かれるんですか。」

私 「一度行った形跡はありましたけど、夜中は行かないですね。」

看護師さん 「紙パンツにはしないんですか。」

私 「したことないですね。」

看護師さん 「それもすごいですね。ちゃんとトイレに行きたいと思えるんですね。」

「皆さん、行きたいというのがわからなくて、自然と出てしまうようです。」

私 「そうなんですか。」

看護師さん 「背中も曲がってないですし、姿勢もいいですね。」

私 「そうですね。」

大ばあば 「先生、きれいな手してるね。髪の毛もきれいし。」

私 「若いから、きれいね。」

大ばあば、羨ましいんやろか。笑

看護師さん 「いつも思うんですが、理想的な介護されていると思います。」

「なかなか明るく介護されてるところ、少ないですから。」

私 「なんでも笑いに変えることにしてるんです。笑」

「大ばあばも、大きな声出したりもしないし、徘徊もないですから、やりやすい方だと思います。」

大ばあば 「よくやってくれますよ。」

時々合いの手のように入って来る。笑

最近思った事は、私が大ばあばにやさしく接すると、大ばあばもやさしく返してくれる。

私が笑うと、大ばあばも笑う。

私が怒ると大ばあばも怒る。

だから、やさしく接することにした。

その方が、私も幸せな気分になれるから。

先生や、看護師さん、ケアマネージャーさん、理学療法士さん、親戚、友達、沢山の人に支えられて感謝、感謝です。

私一人だと落ち込んで、大ばあばにもきつくあたってたかも知れないです。

いろんな人に助けてもらって、今までやって来れてると思います。

みなさん、ありがとーー。

 

看護師さん帰られて、プー子の散歩。

2~3日前の寒さから思えば、今日は暖かいです。笑

昨日はお散歩行けなかったから、今日行けて良かったね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記, 家族日記
-, , , , ,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5