プー子日記 大ばあば日記 家族日記

大ばあば、親指もわからなくなりました。

今日はお昼から雲が厚くなってきました。

 

朝お天気良かったので、プー子の冬用の洋服を全部洗濯する。

 

2時半からリハビリがあるので、掃除や拭き掃除をする。

プー子は何を見て、「誰か来る。」と言う事がわかるんやろ。

スタンバイしてます。笑

大ばあばと私、感心して見てます。

 

プー子急に吠え始めました。

理学療法士さんが来られました。

プー子、ワンワンと吠えてるけど、しっぽ振ってうれしそう。

理学療法士さんが来られると、クルクル回っておやつをねだってくる。

もう貰えるものだと思ってる。

ドッグフードも食べ始める。

理学療法士さん 「プー子ちゃん、いつも私が来たらドッグフード食べ始めますね。」

「取られると思ってるんでしょうか。」

私 「普段はあまり食べないんですけど、○○さんが来られたら食べ始めますね。」

理学療法士さん 「他の家のワンちゃんも、私が行ったら食べ始めるんですよ。」

私 「やっぱり取られると思うんでしょうかね。」

理学療法士さん 「そうかもわからないですね。」

「○○○さん、足よく上がってますけど、しんどくないですか。」

大ばあば 「はい。」

理学療法士さん 「しんどいですか。」

大ばあば 「はい。」

理学療法士さん 「○○○さん、どっちですか。笑」

私 「しんどい?」

大ばあば 「しんどくないよ。」

理学療法士さん 「今度はこの前した指できつねを作ってみましょか。」

大ばあば 「こう?」

理学療法士さんがお手本見せても、出来ない。

理学療法士さん 「親指と中指と薬指をくっつけます。」

大ばあば、どうしてもできない。

私 「親指もわかってないんじゃないですか。」

「親指どれ?」

大ばあばに聞いてみる。

大ばあば 「わからん。」

やっぱりわかってないんや。

1年前は親指と小指はわかっていたけど、普段使わない言葉はどんどん忘れていってる。

大ばあば 「もうあかんわ。」

私 「急に弱気になって。」

理学療法士さん 「○○○さん、足は良く上がってましたよ。」

「あかんことないですよ。」

大ばあば 「何にもわかれへんようになって。」

こう言ってても、しばらくすると言った事も忘れてるから、すぐ立ち直れる。笑

プー子は理学療法士さんが帰る時に、椅子から立ち上がるまではおとなしくしてる。

立ち上がって帰るとなると、吠える、吠える。笑

 

どんよりと曇って来たので、プー子の散歩に行く。

少し風はあるけど、もう寒くはないね。

いつものようにあっちこっち、におってます。

そろそろ帰ろうか。

 

 

 

 

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記, 家族日記
-, , ,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5