プー子日記 大ばあば日記 家族日記

転ぶたびにドキッとします。

今日は雲一つない青空でした。

 

大ばあば、目は覚めてるけど、なかなか起きようとしない。

トイレに起きたところで、着替えさせました。

 

今日も朝食終わると、すぐ昼食。

 

お昼からプー子の散歩に行きました。

息子がハロウィンの時に送ってくれた洋服を着て行きました。

今日は朝は寒かったですが、昼間は暖かかったです。

この場所はいつも念入りに、におってます。笑

 

帰って掃除です。笑

もう2時回ってました。

プー子、誰か来ると思ったのか、またソワソワし始めました。

2時半にプー子吠え始めました。

リハビリの理学療法士さんが来られました。

プー子、大喜び。

最近やっと療法士さんにも慣れたようです。

でも療法士さんが近づくと、触らせません。笑

 

理学療法士さん 「〇〇〇さん、体調お変わりなかったですか。」

大ばあば 「まあまあやね。」

理学療法士さん 「体温計で測ってもらえますか。」

大ばあば、どうしていいか、わからないでいる。

理学療法士さん 「脇の下に入れてくださいね。」

出来そうなことは、本人にしてもらうようです。

大ばあば、なんとか脇の下に入れて、測れました。

36度5分。

理学療法士さん 「いいですね。」

血圧を測ろうとして、療法士さんの血圧計を入れてる袋のファスナーが壊れたみたいで開かなくなり、うちの血圧計で測りました。

理学療法士さん 「ありがとうございます。上が108,下が72で丁度いいですね。」

「SPO2は96ですね。」

「ではベッドに移りましょか。」

いつもの足上げが終わって、今度はベッドに座っての足上げです。

理学療法士さん 「〇〇〇さん、膝はどれですか。」

大ばあば 「膝? 膝なんかないよ。」

理学療法士さん 「足はどれですか。」

大ばあば 「足もないよ。」

膝も足もわからなくなってる。

理学療法士さん 「手はどれですか。」

手もわからない。

大ばあば 「なんにもわかりません。」

「もう、あかんわ。」

私 「えらく弱気になってるね。」

「物の名前がわからなくなってるから、何を言ってるのかもわからないんでしょうね。」

理学療法士さん 「そうですね。」

今の状態より悪くなって来たら、どうなるんやろ。

今はまだなんとか、言葉のキャッチボールも出来てるけど、そのうちそれも出来なくなってくるのかな。

 

リハビリが終わって、3時のおやつです。

ヨーグルトと昨日いただいた、ねんりん屋のバウムクーヘンです。

大ばあば、「おいしい、おいしいわ。」

「また買って来て。」

私 「これは、スーパーでは売ってないねん。」

「デパートに行かないと買えないわ。」

大ばあば 「遠いな。そしたらいいわ。」

会話が成り立ってる。笑

 

このあとスーパーコノミヤに行きました。

帰ると、大ばあばとプー子が玄関に出てきました。

ヨーグルト12個と野菜をたくさん買って荷物が多くなったので、家の玄関に買って来たものを置いて、自転車を家の横の通路に置きました。

そこでまた、家の中から大きな色んな音が聞こえてきました。

またころんだ?

急いで家に入ると、金魚の水槽の上に置いてたお花が玄関に転げ落ちてる。

大ばあばは横に倒れたまま、立ち上がれない。

私の荷物を、奥に持って行こうとしたんやろか。

元気な時は重い物でも持って行ってくれてた。

今でも出来ると思ってるんやろね。

私 「すぐ転ぶんやから、これからなにもしたらあかんよ。」

「自分で立てる?」

「ここに捕まって、立ってみ。」

大ばあば、なんとか立てました。

私 「痛いとこはないの?」

大ばあば 「いたくない。」

骨折しなくて良かった。

こんなに転んでばかりいたら、いずれまた骨折しそうです。

私 「今度入院したら、もう家に帰って来れなくなるよ。」

大ばあば 「ほんとや。」

その時はわかってても、すぐ忘れるからなあ。

 

気を取り直して、夕食の用意。

定期的にお好み焼きが登場します。

この時点で卵4個ですが、後からもう1個増やしました。

2人なのに、5枚も焼きました。

明日もお好み焼きです。笑

 

 

 

 

 

 

 

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記, 家族日記
-, , , , , , ,

© 2022 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5