プー子日記 大ばあば日記 家族日記

大ばあば、4度目の救急搬送。

今日は曇りのち晴れでした。

 

昨日大ばあばはデイサービスの日でした。

母の日のお祝いで、大ばあばを沢山撮ってもらった写真を色紙に貼っていただきました。

 

大ばあばがおやつを食べてる間にプー子の散歩に行きました。

ご挨拶できました。

帰ると玄関に足拭きでない、大ばあばのマグカップとオロナミンCが置いてありました。

これはどういう意味かなと思いながら、居間に行くと、椅子に座ってない。

奥の部屋でまた転んでました。

横になったまま、起き上がれないようです。

私とプー子がいないと、動き回って転びます。

起こして、

「動き回ると転ぶんやから、大人しくしとかなあかんよ。」

と言ってもすぐ忘れるから、言っても一緒ですけど。苦笑

 

夕食に赤飯を炊きました。

大ばあば、なかなかご飯が減りません。

1粒か2粒ずつ食べてます。

いつ終わるかわからないので、私が食べさせました。

暫くすると、喉のあたりがゴロゴロ言ってます。

そして唾やねばっとした白い痰のようなものを出しました。

暫くするとまた出てきます。

すぐ治まると思っていたのがいつまで経っても治まらないので、心配になって診療所に電話しました。

30分位で来てくれました。

看護師さんも、SPO2が84~5しかないのを心配して、先生に電話して救急車を呼ぶことになりました。

私も急いで、保険証とお薬手帳を用意して待機。

ほどなく救急車到着。

玄関まで歩いて、それからストレッチャーに横になりました。

救急車の中で受け入れてもらえる病院に電話してもらってるけど、近くの病院は満床で隣の市まで行くことになりました。

大ばあば、救急車に乗って緊張してるのか、血圧が200超えてる。

SPO2も80代。

救急隊員の方が、

「しんどいですか。」

と聞いてくれると、

「しんどい。トイレ。」

こんな時にトイレ。

私 「紙パンツ履いてるから、そこにしていいから。」

大ばあば 「ここに?」

と言ってもまたトイレに行こうとして起きようとする。

それでなくても救急車はよく揺れるので、救急隊員の方と大ばあばを寝かせるのに、着くまで大変でした。(*_*;

 

着いてから、血液検査や肺のCT撮ったり、喉に吸引したりしてもらったようです。

その間、東京の息子やメイ子ちゃんに連絡。

暫くすると、メイ子ちゃんが来てくれました。

先生の説明を一緒に聞く。

誤嚥性肺炎の疑いがあるので、入院することになりました。

これからひどくなると、入院も長くなるようです。

今のところ、まだそんなにひどくはなってないですが、SPO2が低すぎるので、酸素吸入を10リットルまであげたそうです。

 

入院の手続きをして、明日(今日の事です)薬やお茶(ペットボトルのお茶を個人で用意しないといけない)とろみ剤、靴下、時計等を持って来ることになりました。

 

メイ子ちゃんに家まで送ってもらって、時計を見ると夜中の12時回ってました。

メイ子ちゃんが来てくれて助かりました。

明日(今日の事)も来てくれることになりました。

 

帰ってシャワーだけにして、寝たのが2時過ぎ。

疲れました。

 

だんごの独り言・・・

大ばあばにもっとゆっくり食べさせてあげれば良かったと反省。

 

 

 

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記, 家族日記
-, , , , ,

© 2022 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5