プー子日記 大ばあば日記

高齢者の心配な高熱。

朝から冷たい雨。

朝7時過ぎ、下から

「あーしんど。あーしんど。」

と言う声が聞こえてくる。

急いで下に行くと、大ばあば、上だけ着替えて、布団上げながら、

しんどいを連呼してる。

昨日早く寝たから、今日は早く起きたのかな。

それとも今日は今年になって初めてのごみの日だから、気になって起きたのかな。

息も「はあはあ」から「ぜいぜい」に変わっている。

私 「まだ早いから寝とけば。」

大ばあば 「うん。」

と言って布団かけて寝かしたのに、しばらくすると又起きてくる。

どうもゴミ出しが気になるよう。

大ばあば 「ゴミ出した?」

私 「ゴミもう出したから。」

と出してないんだけど、そう言わないと出すまで言い続けるから。

洋服も沢山着ているのに寒い寒いと言うので、遠赤外線ストーブとエアコンつけて加湿器もつける。

咳をするたびゼイゼイ言うので、おでこに手をあててみると、熱い。

体温計で測ってみる。

39.2度。

うわー、インフルエンザか肺炎違うん。

心配になって2時過ぎ診療所に電話してみる。

5時ごろ来てくれることになる。

私 「少し横になったら。」

大ばあば 「あー、しんど。寝るわ。」

その間、プー子が大ばあばの寝てる上に上がるので、ゆっくり寝てられないみたい。

30分ほどで、起きた。

私 「もっと寝とけばいいのに。」

大ばあば 「今寝たら夜寝られへんから。」

まあそうやけど、しんどい時っていくらでも寝れるけどなあ。

 

4時半ごろ看護師長さん来てくださった。

看護師長さん 「熱測りましょか。」

「38度5分ですね。」

私 「少し下がりましたね。」

看護師長さん 「血液検査して明日の朝結果わかりますので、その結果によって、点滴するか先生に来てもらうか決めますね。」

私 「よろしくお願いします。」

「ほんとに来て頂いて助かります。」

大ばあば 「悪いねえ。すみません。」

看護師長さん 「いいえ、これが仕事ですから。」

「そんなに言ってもらえて、嬉しいです。」

「胸の音、ゼイゼイ言ってますね。」

私 「ちょっと歩くだけで、すごくしんどそうで、ゼイゼイ言ってます。」

看護師長さん 「インフルエンザの検査もしておきますね。」

私 「すぐわかるんですか。」

看護師長さん 「5分ぐらいでわかります。」

「インフルエンザの方は大丈夫そうですね。」

「インフルエンザにかかるとぐったりして、こんなにしっかりしてないです。」

私 「食欲もあまり食べないですけど、朝昼晩と一応食べますしね。」

看護師長さん 「夜具合悪くなったら、お電話してきてください。」

私 「ありがとうございます。」

看護師長さん 「明日午前中又来させてもらいます。」

私 「よろしくお願いします。」

6時30分、37度7分に下がる

7時30分、37度9分 少し上がる。

大ばあば今日も早く寝る。

 

プー子もお散歩行けず。

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記
-, , , ,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5