プー子日記 家族日記

MRCP(MR胆管膵管撮影)のMRI検査してきました。

今日は一日いいお天気で、

 

今日は9時過ぎに、紹介してもらった病院の車が迎えに来てくれるので、いつもより早起きする。

検査の時は家まで来てくれるので、ほんとに助かる。

 

病院に着くと、玄関の前に看護師さん数人が長机の手前に立っていて、まず手の消毒と検温。

36度4分。

熱がないので、中に入れてくれる。

これぐらいしてくれた方が、こちらも安心できる。

病院の中はいつも検査で来てたときよりも、若干患者さん少ないぐらいで、そんなに変わらない。

腹部のMRIは初めてなので、少しドキドキ。

検査の前に甘いお水のようなものを大きいカップに入れて、持って来てくれる。

私 「これ全部飲むんですか?」

検査技師さん 「全部飲まなくていいですよ。」

「全部飲んだ方が、綺麗に写ります。」

少し残す。笑

ガンガン、ドンドンという音がいやなので、

私 「ヘッドホンあります?」

検査技師さん 「ありますよ。つけますね。」

前回脳のMRI撮った時、「つけなくても、大丈夫ですよ。」

と言われたので、つけないで検査したらメチャクチャうるさかった。笑

MRIの装置もいろいろあって、今日のはトンネルの中に入っていくんだけど、昔みたいな暗いトンネルではなく、パステルカラーのトンネルで、どこからかそよ風も入って来て、すごくよくなってる。

頭の検査は、最初から最後まで音がうるさいけど、腹部の場合は、

「息を大き吸って下さい。」

「息をはいてください。」

「息を止めて下さい。」

これが、7~8回、女の人の優しい声(テープかな)で言ってくれてる間に終わった。

音も全然大きくなくて、ヘッドホンもいらないぐらい。

今までのMRIの検査では、一番楽だった。

15分~20分ぐらいで、終わった。

診療費 8,510円

MRIは高いです。笑

帰りも車で送ってくれて、11時には家に着いてた。

 

帰ったら大ばあば、パン食べるように置いていたのに、食べないでそのまま置いてあった。

私も絶食だったので、お昼と兼用でいつもの果物とヨーグルトを大ばあばと一緒に食べる。

 

お昼からお友達が、綺麗に咲き始めたブーゲンビリアを見にきてくれた。

お互いマスクして、ソーシャルディスタンスで少し離れて、30分ほど久しぶりに井戸端会議。

その間プー子も家の近くを歩き回っていたので、今日は散歩短めで、写真も撮る暇ないぐらいすぐ家に帰ってきた。笑

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 家族日記
-, ,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5