プー子日記 家族日記

今日は胃カメラの検査に行ってきました。

今日は、気温も上がり、いいお天気でした。

 

9時過ぎに、今日も病院から送迎車が来てくれる。

今日は若い運転手さんでこの辺の道が詳しくないのか、大きい道路に出るまで教えてあげながら、病院に行く。

着いたら、手の消毒と検温。

36度5分で平熱。

一昨日より今日の方が、若干患者さんが多くなったように思う。

受付してしばらくすると、名前呼ばれて検査室へ。

胃カメラ検査の場合は、検査着に着替えなくてもいいので、すぐ検査前の処置が始まる。

まず、甘いお水のようなのを飲む。

これを飲むことによって、胃の中がきれいに見えるらしい。

次にとろみのある、液体を飲む。

これは麻酔で、飲むとのどのあたりが詰まったようになって、ここで「おえ。」っとなりそうになった。

私はいつも、麻酔に弱い。

鼻の両穴にも、シューっとなにか入れられて、

看護師さん 「どっちの鼻の穴が通りやすそうですか?」

私 「うーん、どっちでもいけそうですけど。」

看護師さん 「この前鼻から検査した時は左から入れたので、左にしますね。」

私 「はい。お願いします。」

横向きに寝て、しばらくすると女の先生が来られた。

先生 「では、はじめますね。」

「痛かったら、言ってくださいね。」

私 「はい。」

先生 「のどのところまで通りましたので、ここでごっくんとしてください。」

私 「はい。」

先生 「はい、入りました。」

「前回検査した時に、胃の断面にでこぼこしたところがあったので、そこを今回も詳しく見たいので、青い液体を吹きかけて見やすくしますね。」

「胃の組織も念のため採って、検査しておきます。」

私 「お願いします。」

先生 「上手に検査受けられてますよ。」

私 「緊張してるんですけど。」

先生 「全然緊張してるように見えないですけど。」

私 「検査慣れはしてますけど。笑」

と、笑う余裕もあり。

口からの検査の時は、「おえー、おえー。」

とえずいていたけど、鼻からだと全然入れるときも何ともなかった。

麻酔でえずきそうになった。笑

終わったあと、先生から画像を見ながら、説明してもらう。

先生 「のども、食道も十二指腸もきれいでした。逆流性食道炎もないですね。」

「昔に萎縮性胃炎になっているところが、高齢になると時々痛むんだと思います。」

「がんのようなものは、なかったです。」

「生検取ったのは、2週間ぐらいで結果がわかりますので、かかりつけの病院に送っておきますね。」

私 「ありがとうございました。」

胃カメラの検査で女の先生は初めてだったけど、すごくスムーズに終わって良かった。

看護師さん 「胃の組織採っているので、2時間後にこの薬(スクラルファート、粘膜保護薬)を飲んでください。」

「それまでは食事しないように、お願いします。」

私 「はい。わかりました。」

「ありがとうございました。」

検査費用 8,760円

帰りも車で送ってもらったので、9時過ぎに家出て、帰ったら10時半。

検査も慣れて来ると、苦にならなくなってきた。

 

6時半ごろから、プー子の散歩。

最近すぐ「抱っこ」と言うようになってきた。笑

あっちこっち、におってます。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 家族日記
-, ,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5