プー子日記 大ばあば日記 家族日記

病院での会話。

今日はお昼から暑かったです。

 

10時から歯医者へ。

昨日抜歯したので、悪くなってないか状態を診てもらいに行く。

先生 「どうですか?」

私 「出血も少なかったし、痛みも薬飲んだら、すぐ痛くなくなりました。」

先生 「見た感じも、良さそうですね。」

私 「インプラントにした場合、MRIの検査はできますよね。」

「この前MRI撮るときに、インプラントはしてないですね。って聞かれたものですから。」

先生 「まだ、聞かれる病院があるんですね。」

「これだけインプラントが普及してるのに、MRI撮れなかったら問題ですよね。詰め物も金属だし、全然問題ないですよ。」

私 「そうですよね。これで安心しました。」

先生 「今日は歯のCTも撮りますね。」

「次回は1週間後に来てください。」

私 「はい、ありがとうございました。」

 

お昼から生協のお兄さん来る。

「ワンワン」と吠える前に、無駄吠え防止のワンブルの音だけ聞かせる。

生協のお兄さん 「今日はおとなしいですね。」

私 「無駄吠え防止の音聞かせてるんで、おとなしいんです。」

生協のお兄さん 「それって、猫にも効くんですか?」

「うちの猫も、よく鳴くんですよ。」

私 「ワンブルって言うぐらいだから、犬だけかもしれないですね。」

生協のお兄さん 「そうなんですね。」

でも帰るときは、ちょっと吠えてた。

首輪してないもんね。笑

 

4時過ぎから病院へ。

まだ暑い。

日陰を探しながら、自転車こいで行く。

病室に入ると、大ばあば、なんかすっきりしてる。

私 「うん?」

鼻から酸素入れてるチューブが取れてる。

私 「鼻のチューブ取れたん?」

大ばあば 「しらんで。」

何にもわかってない。笑

私 「ヨーグルト持って来たよ。」

大ばあば 「ありがとう。」

「おいしいわ。」

今日も自分でスプーン持って、1個完食した。

この部屋の患者さん、行くたびに変わってる。

斜め前の患者さん 「何食べてられるんですか?」

私 「ヨーグルトです。先生がヨーグルトなら食べていいと許可頂いたんで。」

患者さん 「お母さん、おいくつですか?」

私 「92歳です。」

患者さん 「私と親子ほど、違いますね。」

私、心の中で「えっ」

親子ほど違うって何言ってはるんやろ。

私には最初、大ばあばとそれほど違わないように見えた。

患者さん 「私、いくつに見えます?」

女性の年齢なんて、見た目だけでは、絶対にわからない。

まして入院してると、ふけて見えるし。

ベッドにかかってる名札の下の、生年月日をそっと見る。

私と5歳しか変わらない。

私 「71歳ですか?」

患者さん 「72歳です。」

「介護付マンションに移る日に、倒れて骨折してしまったんです。」

私 「それは大変でしたね。」

患者さん 「入院して、一気にふけてしまいました。」

女性はいくつになっても、綺麗でいたいもんね。

私 「入院したら、誰でもそうですよ。」

他人事ではない。

そこへ、看護師さんが入って来られた。

私 「リハビリできてますか?」

看護師さん 「はい。昼間は車いすでトイレまで行ってます。」

私 「そういえば、尿管も外したんですね。」

看護師さん 「はい、楽になったと思いますよ。」

私 「ありがとうございます。」

大ばあば 「もう、帰れるな。」

看護師さん 「まだ、帰れないですね。」

私 「もうちょっと、歩けるようになったら、帰れるよ。」

大ばあば、帰りたくて仕方ないみたい。

私にも、「早く帰り。」と何度も言うので、今日も15分ほどで帰る。

 

6時頃から、プー子の散歩。

落ちそう。笑

 

ブログ村に参加してます↓押してワン

-プー子日記, 大ばあば日記, 家族日記
-, , , , , , ,

© 2021 トイプードルプー子と毎日オロナミンC大ばあばの喜怒哀楽ブログ Powered by AFFINGER5